色々な種類のピル

ピルと一口に言っても最近はたくさん種類がありますよね。友人から聞いて、生理不順を改善したくて、パートナーとの性行為の為など様々ピルを服用するきっかけはあると思います。あなたにあったピルに出会える手助けを出来ればと思います

低用量ピルは更年期障害改善に効果あり?

低用量ピルは毎日飲むことで排卵をストップし、妊娠を防ぐことができる経口避妊薬です。体内の女性ホルモンのバランスをコントロールすることで身体が妊娠している状態だと勘違いすることで、排卵を止めることができるのです。低用量ピルはこのホルモンのバランスをコントロールする作用で避妊を望む人だけではなく子宮内膜症やPMS、月経不順などに悩む女性の症状改善にも利用されています。低用量ピルの効果の一つに、更年期障害の改善や予防というものがあります。
女性ホルモンの一部は卵巣で生成されているのですが、40代に入ったからその分泌量は減少してしまいます。ホルモンは少量であっても人間の心身に大きな影響を与えてしまうことは知られていますが、女性ホルモンの分泌量が減少したことでほてりやのぼせ、骨粗しょう症、倦怠感などの症状が出てきます。低用量ピルは卵巣から生成されなくなった女性ホルモンを経口で摂取することができるので体内のホルモンバランスが安定し、さまざまな更年期障害の症状を軽減してくれる効果があると言われています。酷い人ではベッドから起き上がることもできないというほどの重い症状が出てしまうことのある更年期障害をソフトランディングさせ、健康に過ごしているうちに症状が治まってしまった、というケースもあります。
更年期障害改善のための低用量ピルは婦人科で処方してもらうことができますが、40代を超えた女性はホルモンの変化によって脂質異常症が起こりやすくなります。そのため、処方の際には血液検査や子宮がん検診などが必要になってくるケースもあります。通販で海外から購入することもできますが、これらの症状が起こってしまうリスクを考えてまずは近くの婦人科に相談してみましょう。