色々な種類のピル

ピルと一口に言っても最近はたくさん種類がありますよね。友人から聞いて、生理不順を改善したくて、パートナーとの性行為の為など様々ピルを服用するきっかけはあると思います。あなたにあったピルに出会える手助けを出来ればと思います

ピルと年齢と体の成熟についてのこと

ピルには、色々な種類があります。
まず、よく知られているピルの使い道としては、避妊用のものであり、性交渉の際に妊娠を防ぐために用いられるものです。
そして、あまり知られていないピルの使い道としては、ピルには、女性ホルモンのバランスなどを調整する働きがあるとされているため、「月経困難症」または「更年期障害」などの、女性特有の辛い症状が出てしまう病気についても、使用されることがあります。

ただ、これらのピルの使い方については、年齢的なこともあり、「更年期障害」などの場合には主に、40代の女性などが使うことが多いものですが、「月経困難症」については、まだ幼い、小学5年生くらいの女の子でも、生理痛で酷い痛みなどを感じることがあり、医師に相談をすることがありますが、まだ体が成熟しきっていないことから、ピルの処方よりも、漢方薬などや、別の方法などで痛みを和らげる処方がされるケースがあります。

そして、また他の使い道として、アフターピルというものがあります。こちらについては、性交渉などを行った後に、避妊が失敗してしまった時に飲むものであり、辛いイライラ感や胃痛などの不快感が出てしまう、と言われています。

このように、一概にピルといっても、色々な種類のものがあり、また、年齢によっても使えるものと使えないものなどがあります。

また、しっかりと体が成熟していない時に、誤って用いてしまうと、やはり女性ホルモンとの関わりがとても大きな薬であるため、体調が崩れてしまったり、将来、妊娠を望んでいる時に、大変なことになってしまうことがあるとも言われています。

そのため、必ず医師の先生の指示を受けて、使うものである、このように言われています。