色々な種類のピル

ピルと一口に言っても最近はたくさん種類がありますよね。友人から聞いて、生理不順を改善したくて、パートナーとの性行為の為など様々ピルを服用するきっかけはあると思います。あなたにあったピルに出会える手助けを出来ればと思います

ピルで痛みの原因を取り除き、鎮痛剤いらず

ピルは、エストロゲンとプロエストロゲンというホルモンが入った薬です。服用することによって体が妊娠状態と勘違いし、排卵を抑制します。そのため避妊効果があるのです。女性主体で行える避妊方法なので、パートナーが避妊に積極的でない場合に有効です。また、ピルは避妊効果があるだけではなく、生理に伴う腹痛、吐き気、肌荒れなどの女性の様々な諸症状を改善してくれます。欧米では以前から服用している女性が多い薬でしたが、日本では不妊になるなどの間違ったイメージが定着していたこともあり、服用者が増えるまでに時間がかかりました。最近では若いうちから生理痛の緩和のために服用する女性も増えています。生理痛に何年も悩まされていた女性が、ピルを服用してから鎮痛剤を使用する必要がなくなったという例がたくさん報告されています。また、毎月の排卵が原因で卵巣は傷つき、卵巣がんなどの女性特有の病気になることもありますが、ピルを服用していると卵巣を休めることができるので卵巣がんのリスクが減少するといった報告もあります。5年以上の服用でリスクを減らすことができます。子宮内膜症の予防や治療にも高い効果を発揮することがわかっています。そんなメリットが多い薬ですが、服用する場合は定期検査が必要です。稀に血栓ができて重篤な症状になる女性もいますので、検査は定期的に行うようにしましょう。コンドームと違って性感染症を防ぐことはできませんので、そういった面での注意も必要です。ホルモンでコントロールしているため、服用中に不正出血が起きることはありますが、不正出血がなかなか収まらないなど何か異変が起きた場合は、すぐに処方してくれた医師に相談して指示を仰ぎましょう。