色々な種類のピル

ピルと一口に言っても最近はたくさん種類がありますよね。友人から聞いて、生理不順を改善したくて、パートナーとの性行為の為など様々ピルを服用するきっかけはあると思います。あなたにあったピルに出会える手助けを出来ればと思います

ピルには1相性と3相性がある

ピルと言っても幾つかの種類があります。その中に1相性と3相性という分け方があります。これは21日間飲み続けるピルの中に配合されているホルモンの変化量によって違っているのです。
1相性ピルは21日間ずっと配合されているホルモンの量が一定になっています。そのためどこから飲んでも同じ効果が得られたり、生理日のコントロールとして使っている人には1相性が使いやすいといった声があります。使いやすいというのが大きなメリットですが、見せかけの生理とも呼ばれる消退出血が終わった子宮内膜が薄い状態でも、ピルを服用している日数が経過して子宮内膜が厚くなってきてもピルに配合されているホルモンの量が同じため、休薬期間が近づいてくると子宮内膜をとどめておく力が不足してしまって不正出血が起こりやすくなってしまうと言われています。
3相性ピルは21日間の中でホルモンの量が3段階に分かれているのが特徴です。女性の身体のリズムに合わせて作られているため、自分本来の生理周期に合わせたホルモンの変化に近くなっているので休薬期間が近づいてきても子宮内膜をしっかりととどめておくことができるので不正出血が起こりにくくなっています。
ホルモンの配合されていない偽薬を飲む際に消退出血が起こりやすくなるのも特徴の一つです。デメリットとしては飲む錠剤によって配合されているホルモンに違いがあるため、毎日きちんと順番で飲んでいかなければなりません。基本的にピルは毎日同じ時間に飲むようにした方が良いと言われていますが、3相性の場合には時間と同時に順番もきちんと守って飲むようにすることが重要です。
ピルにも自分との相性もあるため、医師と相談のうえで選ぶようにしましょう。

21錠タイプピルと28錠タイプピル

ピルには21錠タイプと28錠タイプの二種類があるため、初めてピルを利用するということになるとどちらを利用するべきなのかわからないという人もいます。
もちろん病院で相談すれば教えてくれることではあるのですが、この疑問に対して答えを述べると「ただ錠剤の数が違うだけで効果も使い方も全く同じ」ということになります。
ではどうして7錠多くあるのかというと、これはピルの21錠に加えてプラセボという薬が7錠付属しているからなのです。
プラセボとは一切の有効成分を含まない錠剤のことで、もちろん有効成分が一切含まれていないのですから避妊効果もありませんし何の副作用が起きることもありません。
これが付いているというのは「21錠飲んで7日休む」というピルの服用サイクルを忘れてしまう人のためのことです。
ピルは3週間継続して服用したあとで1週間休んで再び1錠目から飲み始めることになるのですが、この7日休むというサイクルはしっかり管理できていないとうっかり忘れてしまうことに繋がります。
そうなってから飲み始め直すと本来の効果が無くなってしまいますから、28錠タイプのピルはプラセボを加えることで「常に毎日飲んでいればピルとしての効果が発揮される」という考え方で使うことが出来るわけです。
慣れている人であれば21錠タイプでも問題は無いのですが、普段あまり薬を飲まない人やピルを初めて使う人、また今まで飲み忘れてしまったことがある人などは28錠タイプを選んだほうが無難です。
価格についても7錠には有効成分が入っていないわけですからほとんど変わらず、精々数十円から100円程度高い程度がほとんどですから、自分の好みに応じて選ぶようにすると良いでしょう。

低用量ピルと中高用量ピルの違い

「ピルは身体に悪い」というイメージがあるかもしれません。
それは昔処方されていたものは中高用量のピルであったため、様々な副作用が起こりやすかったことが原因です。現在では低用量ピルが主流のため、避妊やPMSの改善、ニキビや肌荒れの改善のために飲んでいる人も増えてきました。低用量ピルで生理痛もコントロールできます
低用量ピルと中高用量ピルの違いは配合されている女性ホルモンの中の卵胞ホルモンの容量によって分類されています。高用量は0.05mg以上、中用量は0.05mg、低用量は0.05未満~0.03mg、超低用量は0.03mg未満と細かく分けられているのです。ホルモンは少量でも人間の身体に対する影響力は大きく、中高用量のものを飲むと避妊効果は高いのですがつわりのような吐き気や嘔吐、むくみなどの副作用が起こりやすくなっています。
2~3シートほど飲み続けることでこれらの副作用は起こらなくなるとは言われていますが、卵胞ホルモンの含有量が少ない低用量のものよりは副作用が起こりやすくなっています。現在では旅行やイベントのために生理のタイミングをずらしたり、避妊具の破れやつけなかったことなどで妊娠してしまうのを防ぐために性交渉の後に飲む緊急避妊薬(アフターピル)というものもあります。このアフターピルで日本で初めて認可されたのはノルレボというアフターピルです。ノルレボは性交渉後72時間以内に服用することで効果を発揮します。また、ノルレボは副作用が少ないことでも有名です。
低用量ピルは中高用量ピルで起こっていた副作用を起こりにくくするために、卵胞ホルモンの含有量が少なくなっているのです。卵胞ホルモンの含有量が少なくなっていても避妊効果が出るだけの量はちゃんと含有しているので、21日間毎日きちんと服用し、7日間服用をストップし、2シート目を21日間服用するというサイクルを継続していくことで避妊はほぼ100%の確率でできると言われています。